溶血性貧血の症状や原因について。溶血性貧血の原因は、赤血球が過剰に壊されることが原因です

溶血性貧血

赤血球が過剰に壊されておこる貧血

赤血球の寿命は、だいたい120日ほどですが、溶血性貧血は、その寿命がどんどん短くなって、赤血球が次々と破壊されてとけてしまい(溶血)、新しい赤血球の産生が追いつかないために起こる貧血です。ほかの貧血とくらべると、発症例は多くはありません。

症状

貧血の一般症状のほかに、壊れた赤血球の成分が皮膚に沈着するため、黄疸があらわれます。また溶血のために尿の色が濃くなり、症状が進むと常に茶褐色の尿が出るようになります。溶血が急な場合は、腹痛や発熱も見られます。そのほか、牌臓がはれたり、胆石ができることもあります。

原因

先天性のものと後天性のものに分けられます。

先天性の原因

生まれつき赤血球に異常があって赤血球が破壊されやすいケースです。代表的な病気に遺伝性球状赤血球症があります。

後天性の原因

代表的な病気に自己免疫溶血性貧血があります。自分の赤血球を異物として攻撃してしまう、自己免疫疾患です。ほかに、発作性夜間ヘモグロビン尿症という病気もあります。これは、異物への攻撃を助ける補
体と赤血球とが反応して、溶血を起こしてしまうものです。
治療
原因が先天性の場合は、脾臓を切除して赤血球の破壊を抑えます。l後天性で免疫が関係する貧血は、ステロイドなどの免疫抑制剤を使用します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ