貧血と遺伝について。先天性の貧血の場合は遺伝の可能性もありますが、後天性の貧血がほとんどを占めますので、後天性の場合は遺伝による貧血は心配ありません

貧血と遺伝

遺伝性の貧血

先天性の溶血性貧血や再生不良性貧血のように、貧血の原因が先天的に存在する場合は、親から子へと遺伝する可能性はあります。しかし、貧血の原因が後天性である場合は、遺伝することはありません、後天性の鉄欠乏性貧血の場合、生まれてくる子どもへの遺伝はまったく心配ないといえます。
遺伝性の貧血でよく知られているものに、【サラセミア(地中海貧血)】と【鎌状赤血球貧血】があります。どちらも重症の貧血で、ホモ接合体といって父親からも母親からも病気の遺伝子を受け継いだケースでは病状がより重篤で、ほとんどの人が20歳前後で亡くなってしまいます。

サラセミア(地中海性貧血)

ヨーロッパの地中海沿岸やイタリア人に比較的頻度が高いことから名前がついています

鎌状赤血球症

アフリカの異人種に多くみられる

球状赤血球症

日本で多いのは先天性の球状赤血球症です。
赤血球膜に存在する先天性異常によ。赤血球が球状化し変形能が低下するもので、牌臓の毛細血管に引っかかり、破壊されて溶血性貧血を起こします。
治療によって球状赤血球を正常の円盤状にもどすことはできませんが、脾臓を摘出することで、貧血の症状はすみやかに改善されます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ