巨赤芽球性貧血の症状や原因について。巨赤芽球性貧血の原因はビタミンB12の不足です

巨赤芽球性貧血

ビタミンB12が不足して起こる貧血

骨髄にある造血幹細胞は、ビタミンB12や葉酸というビタミンの助けがないと正常な赤血球をつくることができません。このようなビタミンが不足すると、赤血球がうまくつくられず、通常の赤血球よりずっと大きな巨赤芽球という赤血球の母細胞があらわれたりします。こういった異常な赤血球は、成熟しないうちに死んでしまうことが多く、そのため貧血が起こります。

巨赤芽球性貧血の症状

貧血の一般症状のほかに、舌が赤くゼリビリする、舌の表面がつるつるになるといった症状があらわれることがあります。食欲不振、吐きけなどの胃腸症状、また、しびれ感や知覚の鈍化などの神経症状が下肢に出て、ひどくなると歩行困難になることもあります。

巨赤芽球性貧血の原因

ビタミンB12の不足は、食品の摂取不足というより、このビタミンを胃や腸が吸収できないために起こることが多いのです。萎縮性胃炎、胃切除なによってビタミンが大量に消費されても不足が起こります。

治療について

以前は原因不明で、多くの人が亡くなる病気でしたが、戦後、ビタミンB12の欠乏によるものと解明され、不足しているビタミンを注射することで完全に治るようになりました。

スポンサードリンク

ページの先頭へ