男性も貧血にはなりますが、男性が貧血になるときは、病期の可能性も高いので、専門の医師に診てもらうことをおすすめします

男性と貧血

 生理がない男性は、女性に比べて貧血になりにくいですが、男性が貧血になった場合、骨髄の病気や消化器からの出血などの病気の可能性が考えられますので、必ず専門医の診断を受けてください

赤血球の数は、血液一マイクロリットル中に男性で約500万個、女性で約450万個と、一定に保たれています。
女性は、生理によって血液が失われるため、男性に比べて女性のほうが貧血になりやすいですし、赤血球の数も男性に比べて女性のが少ないため貧血になりやすいです。

男性ホルモンと赤血球の数

赤血球は骨髄において造られています。骨髄では造血幹細胞がさかんに分裂増殖をくり返し、造血因子の働きによってあるものは赤血球に、あるものは白血球に、またあるものは血小板へと姿を変えていく血球分化を行っています。つまり、血球分化のカギを握る造血因子によって赤血球の数も左右されることは明らかです。

造血因子のメカニズム

男性と貧血

脾臓での破壊処理が進むと赤血球の数が減り、当然、各臓器に供給される酸素の量も減るわけです。腎臓はそのような低酸素状態にさらされると、あるスイッチが入り、エリスロポエチンという造血因子をさかんに造りはじめます。この造血因子・エリスロポエチンはただちに骨髄の造血幹細胞に働きかけ、赤血球をたくさん造るように指示を出します。その結果、赤血球が次々に増え一定量に達すると、腎臓にも酸素が十分に行きわたるようになり、肝臓はエリスロポエチンの製造をやめ、赤血球もつくられなくなるわけです。このような巧妙な仕組みで赤血球の数はある一定量に調整されているのです。


エリスロポエチン産出をうながす

男性ホルモンによってエリスロポエチンがより産出される男性の場合、それだけ赤血球が数多く造られ、このことが赤血球の数における男女差を生んでいます。そのため、男性ホルモンが減少してくる70歳前後を境に、赤血球の数の男女差はどんどん縮まってきます。男性ホルモンを化学的に合成して造った薬剤が【タンパク同化ホルモン】です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ