妊娠・授乳期の為の貧血対策

妊娠・授乳期

妊婦さん妊娠すると、胎児や胎盤に栄養素を送るために、循環血液量が約40%も増加します。
さらに、胎児の発達に合わせて、多くの鉄が必要になります。お母さんの栄養状態とは関係なく、胎児はどんどん鉄を吸収していきます。食事からの鉄分で補えない場合は、貯蔵鉄を利用しますが、貯蔵鉄がもともと少ない場合は、貧血になります。貧血が重くなると、妊娠中毒症や流産・早産などを起こしやすく、分娩時の微弱陣痛や異常出血などの原因にもなります。貧血の人は、産後の回復も遅れがちです。
妊娠前から、タンパク質、鉄、カルシウム、葉酸、ビタミンB12などが不足しないように、バランスのよい食生活を心がけましょう。とくに葉酸は、胎児の脳や脊椎の発達にも重要です。
レバーや野菜、果物などを積極的にとり入れて、充分に摂取しましょう。妊娠後期には胎児が大きくなって胃が圧迫されるため、充分に食べられないこともあります。
3度の食事の合間の、10時、15時頃に軽く食事をとってもよいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ