赤芽球癖(せきがきゆうろう)は再生不良貧血に分類されている貧血です

赤芽球癖(せきがきゆうろう)

赤芽球癖は、再生不良性貧血に分類される貧血です。

再生不良性貧血の特徴は、赤血球だけでなく、白血球も血小板も減ってしまう汎血球減少症です。赤芽球癖は白血球と血小板は正常範囲にあり、減少するのは赤血球のみです。赤芽球癖が再生不良性貧血と同様に造血幹細胞の異常によって引き起こされることから、再生不良性貧血に分類されています。

赤血球は造血幹細胞から赤血球系幹細胞、前赤芽球、赤芽球、網赤血球という段階を経て一人前の成熱した赤血球になります。赤芽球癖は、骨髄においてこの赤芽球が激減し、赤血球産出が低下し貧血症状が現れる疾患です。

急性と慢性があり、急性ではウイルスや薬剤によって赤血球系幹細胞が障害を受けることが原因となることが知られています。慢性では免疫機構を司る胸腺に腫瘍を併発することから、自分のリンパ球が赤血球系幹細胞を攻撃する自己免疫疾患の一種と考えられています。治療は免疫抑制療法を行います。

スポンサードリンク

ページの先頭へ